色覚異常検査表1

色覚異常検査表1

一般人は45を弁別できますが,色覚異常患者は弁別できません

色覚異常検査表2

色覚異常検査表2

一般人は29を弁別できますが,色覚異常は70を弁別できますが

色覚異常検査表3

色覚異常検査表3

一般人は弁別できません,色覚異常は5を弁別できますが

色覚異常検査表4

色覚異常検査表4

一般人は26を弁別できますが,色覚異常は6あるいは2を弁別できますが

最も全面的な色覚異常検査図、色覚異常テストできます:1色覚,先天赤緑色覚異常、青黄色覚異常、色盲、色弱

色覚異常テスト1

1-1 | 1-2

色覚異常テスト2

1-3 | 1-4

色覚異常テスト3

1-5 | 1-6

色覚異常テスト4

2-1 | 2-2

色覚異常テスト5

2-3 | 2-4

色覚異常テスト6

2-5 | 2-6

色覚異常検査表結果

ID 一般人テスト結果 色覚異常テスト結果 色覚異常の分類 备考
ID1-1 6 6 - -
ID1-2 6,9,8 - - -
ID1-3 3,6 弁別できません 赤緑色覚異常 検出赤緑色覚異常
ID1-4 6,6 弁別できません 赤緑色覚異常 検出赤緑色覚異常
ID1-5 6 弁別できません 緑色弱 検出緑色弱
ID1-6 9 - - -
ID2-1 8,0,6 弁別できません 赤緑色覚異常 検出赤緑色覚異常
ID2-2 3 弁別できません 赤色弱 検出赤色弱
ID2-3 5 - - -
ID2-4 6,8,9 弁別できません 赤緑色覚異常 検出赤緑色覚異常
ID2-5 金魚 - - -
ID2-6 鴨,うさぎ 赤緑色覚異常 検出赤緑色覚異常

色覚異常(色盲、色弱)知識

色盲は医学上に先天性色覚異常と正式に定義され、自然スペクトルの中の様々な色あるいはそのうちのある色を正しく弁別できないことを指します。そのほか、一部の人は色に対する弁別能力は弱く、色弱と称されます。色弱患者は一般人が見られる色を見えるが、しかし色を弁別する能力は弱く、一般的に、色の弁別が遅いまたは弱いとして現れます。暗い場所での色識別能力は、色盲とほとんど同じで、そのほか、色弱は色覚疲労として現れる可能性もあります。色弱と色盲の違いは、普通ははっきりした限界点がなく、主に先天的遺伝から来ています。そして世界範囲で男性患者は女性患者よりはるかに多い。

色盲的分类
全色盲(1型色覚):第1色覚異常。如何なる色も弁別できません。弁別できる色は白と黒とグレーしかありません。違う色が目に映った時に、明暗の違いしかありません。
赤色盲(1型2色覚):第2色覚異常。第1色盲・赤色盲。患者は赤を正しく弁別できず、赤と濃い緑、青と濃い赤及び紫に対し正しく弁別できません。緑を黄色として見たり、紫を青として見たり、緑と青を白としてみたりします。
緑色盲(2型2色覚):第2色覚異常。第2色盲・緑色盲。患者は淡い緑と濃い赤、紫と青、濃い赤とグレーを弁別できず、緑をグレーあるいは黒としてみてしまいます。医学上、赤色盲と緑色盲を赤緑色盲と称しています。私たち普段が話している色盲は普通は赤緑色盲を指しています。
青黄色覚異常(3型2色覚):第3色盲・青色盲。第3色覚異常。患者は青と黄を弁別できず、赤、緑をはっきりと弁別できます。このタイプの色盲には.
全色弱:赤緑青黄色弱が少ない。このタイプの患者の色覚障害程度は全色盲より低く、視力は完全正常で、全色盲のその他の合併症もありません。物体の色が濃く鮮明のときは正しく分別できるが、色が淡く、飽和していない時は分別困難で、このタイプの患者はたまに見られる。
一部の色弱:赤色弱(第一色弱)、緑色弱(第二色弱)と青黄色弱(第三色弱)などに分けられる。そのうち、赤緑色弱は最もよく見られます。患者が赤、緑に対する感受力が弱く、暗い場所では、患者の色弁別能力は赤緑色盲に近く、物体の色が濃く、鮮明でかつ明るい場所では、その色弁別能力は正常のものに近いです。

色覚異常検査表-色覚異常テスト
ツイート
www.shikikaku.net All Rights Reserved.